横浜エンジニアリング株式会社
横浜エンジニアリング株式会社
環境事業部
アスベスト調査・測定・分析

石綿(アスベスト分析)

石綿による健康被害の拡大防止と不安を解消するため、当社は法規に基づき自社の分析機器を駆使して測定いたします。


1970年代後半から1980年代にかけて輸入された石綿の多くは、これまで建材として建築物に使用されており、 今後この時期に建築された建築物等の解体作業が増加することが予想されています。

石綿が含有されているか否かを確認することなく、建築物等の加工・改修・解体を行えば、 その作業環境はもとより周辺環境に対して石綿粉塵を飛散させることになります。

このような環境被害を未然に防ぐためには、事前に石綿の含有部位の確認、及び、 含有率等の分析をおこない、適切な対応をとることが求められています。


先輩社員の声